アイルランドのタクシー事情を知っておこう

アイルランド留学

アイルランドのダブリン空港に着いて、目的地までは簡単に行けるタクシーを使いたい方もいるとは思います。

そこで、、、

アイルランドのタクシーの捕まえ方や料金、注意点などを知っておきたいなあ、、、

というような疑問にお答えします。

とりあえず空港に着いたら、ホテルや滞在先にタクシーで行ってその日の計画を練ったり、次の日に備えてゆっくり体を休めたですよね。

本記事で分かること

・アイルランドのタクシーの基本情報

・アイルランドのタクシーの注意点

・アイルランドのタクシーのチップ制度

・アイルランドのタクシー以外の交通機関

ですので、アイルランドへ留学に行っていた自分がお答えします。

こんな方に向けて書いています

・アイルランドに着いたらタクシーを利用したい方

・アイルランドに留学や旅行を考えている方

・アイルランドに着いたら、とりあえずタクシーを使いたい方

本記事を読んで頂ければ、アイルランドのタクシー事情が分かり、タクシー利用する際の悩みの解決や、トラブル回避に繋がります。

3分ほどで読めますので、是非最後までお読みください。

では行ってみましょう!!

アイルランドのタクシーの基本情報

・タクシーの乗り方

・タクシー料金

・FREENOWを利用する

タクシーの乗り方

アイルランドでタクシーを利用するのは日本とそこまで変わりはありません

空港から出たら近くにタクシーのプールもありますし、荷物を持って近づけばタクシーのドライバーが荷物を運ぶ手伝いもしてくれます。

もし街中でもタクシーを拾いたいときも、手を挙げてサインを送れば止まってくれます。

日本と違う点としては、アイルランドの友達が言っていましたが、タクシーを1人で利用する際は助手席に乗った方が好ましい事です。

もちろん後部座席に乗っても何も言われないと思いますが、一応頭の片隅に入れておいてください。

タクシー料金

初乗り料金は4ユーロ(約480円※2020年10月)ほど。その後1kmごとに加算されていきます。

チップ料金は金額の10~15%くらいです。

夜間(20:00~08:00)および日曜・祝祭日は10%割り増し料金になったりします。

筆者はチップの文化に慣れてないのもあって忘れたりして、チップは1度も払わなかったです。やっぱり海外に行ってもチップにはなれないですね、、、(笑)

クレジットカード決済も可能

タクシーの乗客はVISA、Master Card、American Expressなどのクレジットカード決済、およびApple PayやGoogle Payなどのデジタルウォレット決済が選択できるようになっています。

https://contents.axgold.jp/travel/article_20191029_407/

ですがタクシーに乗る前に確認は取っておきましょう。

実際、自分は空港で乗ったタクシーでは使えませんでしたので、空港にATMはありますのでお金をおろすなり、現金を持っておきましょう。

FREENOWを利用する

ヨーロッパでは有名なタクシーが呼べるアプリになります。

時間指定での利用の際や突然の雨でタクシーが全然ないという時などかなり使います。

簡単なアプリの操作だけで呼べるので、英語に不安を抱えている方にもオススメです。

The new mytaxi: FREE NOW – The ride-hailing app for 100+ cities (free-now.com)

アイルランドのタクシーの注意点

これからご紹介する注意点は、アイルランドでもかなり珍しいケースの注意点をご紹介します。

・遠回り詐欺

・荷物の持ち逃げ

・タクシー強盗

ヨーロッパに比べアイルランドの治安は良い方ですが、日本よりかは犯罪の件数は圧倒的に多いので、タクシーを乗る時にも気を付けておいた方が良い事はあります。

実際にタクシーを利用しても1度もなかったですが、海外のタクシーの注意点をご紹介します。

〇アイルランドの治安を知りたい方

遠回り詐欺

観光客のような現地のことを知らないお客さん狙った詐欺のことです。

目的地の向かってるが、遠回りをして少しでも料金を上げるため、初めての土地だと判断がかなり難しいです。

最近タクシーライセンスの取得が簡単になったせいで、道を知らない外国人ドライバーが増えています。

そのため要らない回り道や途中で車を止めて携帯で友人に道を聞くなどの暴挙に出るドライバーも居るからです。

防ぐポイント

目的地の行き先までのだいたいの料金を聞いておいて、タクシーに乗る際に事前交渉しておきましょう。

「料金はこれくらいですよね?」というように見積りを簡単に出しておけば、遠回りなどは防ぐことが出来ます。

荷物の持ち逃げ

タクシーの乗り降りの際に、トランクに荷物が入っているのに、荷物を乗せたまま走り去ってしまうケースです。

遠回りのような料金がかさ増しせれているのなら払えばいいですが、これから滞在するための荷物が盗まれるのは1番避けたい事だと思います。ですが意外と多いので気を付けましょう!

防ぐポイント

1番は貴重品は肌身離さず持っておくこと!

そして、荷物を入れる時そして出すときは、必ずドライバーに頼みましょう。

荷物が積まれたらタクシードライバーよりも早く乗って、着いたときはドライバーよりも遅く出ましょう。

タクシー強盗

アイルランドではないと思いますが、目的地に向かってると思いきや、人気のない場所に連れていかれ、身ぐるみをはがされてしまうケースです。

その場合は無理に抵抗せず、言われた通り指示に従いましょう。

命を落としてしまっては元も子もありませんので。

防ぐポイント

すべての対策に言えることですが、先ほどご紹介したUBERを使いましょう。

アイルランドのタクシーのチップ制度

日本の文化にはチップ制度がないので、提供されているサービス以上にお金を払うのはもったいない気がしますが、アイルランドにはチップ制度はあります。

アイルランドでタクシーに乗ったら、チップを必ず払わなければいけないわけではありません。

しかし、多くの人はおつりを受け取るのが面倒な場合があるので、おつりをチップとする場合があります。

チップの料金相場

タクシーのチップは、料金の5〜10%くらいが目安です。

料金が19ユーロなら、20ユーロ払っておつりの1ユーロはチップにしてあげましょう。

その時は、タクシードライバーに「Keep the change(おつりは取っておいてね)」と言ってあげましょう。

ピッタリ払えておつりが出ないときは、チップはそこまで気にしなくても大丈夫です。

ですが、スーツケースなど荷物を出し入れしてもらう場合はお礼として必ず払うことをオススメします。

アイルランドのタクシー以外の交通機関

アイルランドでタクシーに乗るタイミングは

  • 初めてダブリン空港に着いて、ホームステイ先に空港から直接行った時
  • アイルランド人の友達の家に行く時に一緒に乗った時
  • バスの終電を逃した時

というように緊急の時などが多かったです。

アイルランドで滞在をするとバスが基本的な交通機関になるでしょう。

〇アイルランドバスを詳しく知りたい方はコチラ

最後に-アイルランドの観光はタクシーではなくバスが便利

アイルランドでタクシーを利用する際にタクシーの詳細や注意点を知っておくだけで、トラブルが避けられるのはもちろん、安全に利用できます。

そして何より、FREENOWを使えば問題なく利用できます。

ですがタクシーの値段はバスや電車よりも高いので、観光や普段使いには向いていません。

観光、普段使いにはバスの利用が欠かせませんので、是非アイルランドに行く時にはバスの利用方法も抑えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました