webライターに学歴は必要ない?なるためには○○が必要

webライター

学歴ないけどwebライターになれるのかな?

webライティングの知識は全然ないけど、webライターになれるのかな?

という疑問にお答えします。

本記事で分かること

・学歴がいらないwebライターになる方法

・webライターに必要なスキル

・学歴なくともwebライターの資格を取る方法

この記事を書いているのは、学歴がなくwebライターの知識や専門知識がなくとも、現在はブログを運営しながらwebライターとして2000~3000字の記事を1日3本、4本仕上げることができています

どんなに学歴がなくても、webライティングのことについて学習さえすればwebライターになれます。

こんな方に向けて書いています

・学歴がないけどwebライターになりたい方

・webライターに必要なスキルが知りたい方

・学歴がないからこそwebライターの資格を取りたい方

本記事を最後まで読んで頂ければ、学歴のないあなたもきっとwebライターになることができ、パソコン1つでどこでも働くことができます。

3分ほどで読めますので是非最後までお読みください!

では行ってみましょう!!

学歴がいらないwebライターになる方法

結論、学歴やwebライティングの知識がなくとも、webライターになることは簡単です。

webライターとはインターネット上に記事を書いていれば、webライターとして名乗っても良いでしょう。

SNSなどのつぶやきの延長線上のようなものです。←これは極論

という感じでwebライターになるのは簡単で、行動をしたかどうかです。

と言ってもwebライターでしっかりお金を稼ぎたい方に対してwebライターのなる方法を解説します。

webライターにはフリーランス会社に就く場合の2種類があります。

フリーランスのwebライターになる方法

フリーランスのwebライターは学歴がなくてもなることができます。

それはクラウドソーシングに無料で登録をして、自分で仕事を探して、期日までにしっかり納品できれば立派なwebライターになることができます。

今すぐ、フリーランスのwebライターになりたい方はコチラを読んでみください。

クラウドソーシングにはwebライターができる仕事の案件数がサイトによって様々です。

そこで、webライターにオススメのクラウドソーシングサイトをご紹介しています。

クラウドソーシングでwebライターの注意点

低単価過ぎる案件

クラウドソーシングの案件には、文字単価が存在します。

1文字0.1円~5円と幅広くあります。

初心者が低くなるのは当たり前ですが、1文字0.1円と1文字5円では50倍も違うことを知っておきましょう。

1万字の場合0.1円だと1000円にしかならないですが、5円だと5万円にもなります。

同じ労力でこんなにも違うので、できる限り高い単価を選びましょう。

ライティングのマニュアルはある案件

ライティングの知識がなくいきなりライティングってのも難しいと思うので、最初の頃はライティングのマニュアルがある案件に挑戦するといいでしょう。

ある程度ライティングのマニュアルがあった方が書きやすいと思います。

テストライティングの案件

クラウドソーシングで案件に応募すると、応募者のレベルを測るためのテストライティングがある案件があります。

このテストライティングの文字単価に注意です!!

本契約は1文字1円だけどテストライティングは0.1円と安くなっている時があるので、しっかり確認が必要です。

会社に就くウェブライターになる方法

求人サイトから応募するしかありません。

おすすめの求人サイト

・バイトル:80,000件数以上の求人掲載数を持つ日本最大級のアルバイト求人情報サイト

・エン転職:大手・優良企業の求人や、未経験歓迎の求人が多数

・Indeed:次のキャリアを探すためのさまざまな求人情報をまとめて検索できます

バイトルやエン転職にもwebライターの求人は多いですが、Indeedの方が多かったイメージです。

なので会社に就いてウェディングを学びながらお金をもらいたい方はIndeedからがおすすめです。

会社のwebライターに受かるコツ

会社に入る場合もフリーランスと違って、ある程度のwebライターの知識が必要になります。

そこで会社に入ってwebライターをしたい方のために受かるコツを解説します。

会社に応募した場合は、自分のレベルが分かるものの提出を求められる場合があります。

その際に自分のブログや実際にインターネット上に執筆した記事などがあると、採用担当の方も応募者のレベルが判断しやすいです。

自分のブログだと好きなことや自分の実体験を記事にするので、初心者にも書きやすいと思います。

自分もブログから始めてwebライターの知識を少しづつ付けていきました。

webライターに必要なスキル!学歴なしでもできるぞ!!

自分もwebライターとしてはまだまだですが、webライターとして学んできて必要なスキルはたくさんあります。

そこで必要なスキルをたくさん書いても分かりにくくなるので、意識すること1つと最低限必要な勉強1つの計2つを解説します。

・意識すること:文章を分かりやすく書く

・最低限必要な勉強:SEOの勉強

文章を分かりやすく書く

webライターとしてまず意識することは、文章を分かりやすく書くことです。

インターネットにある文章は、読者に必要な情報を的確に伝えなければなりません。

伝えることができなければ、読者に読まれることがありません。

インターネットで調べている人は結論が先に知りたい場合が多いので、先に結論を言いましょう。

webライティングの本質は、「あなたの代わりに情報を調べまとめておきましたよ」というスタンスが大切です。

SEOの勉強

学歴がなくともwebライターになりたいのであれば、まずはSEOの勉強をしましょう。

SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジン最適化です。

自分の書いた記事をインターネットにあげても読まれないと意味がないので、読者に読んでもらうためにインターネットに出てくる順位を上げる手法のこと。

この順位はグーグルが決めているので、グーグルに気に入られる記事を書くことができれば、自然と記事の順位も上がります。

そのためにもまずはSEOの知識を学ぶ必要があります。

筆者もSEOの知識はこの本のシリーズで学びました。

漫画のように物語の中でSEOについて勉強できるので、活字だけの本よりも読みやすくとっつきやすいのでおすすめです。

学歴なくともwebライターの資格を取る方法

学歴がないからこそ資格を取って自分のスキルを明確にしたい方のために、webライティングの資格について解説します。

・Webライティング能力検定

・Webライティング技能検定

この2つの違いは、Webライティング能力検定は初心者~中級者です。

Webライティング技能検定は未経験~初心者向けです。

そのため、Webライティング技能検定の方が難易度が低いと言われています。

Webライティング能力検定

日本WEBライティング協会が主催する「Webライティング能力検定」は、Webに関わる一般常識や効果的なWebライティングスキルを身につけたことを証明する検定資格です。

Webライティング能力検定|一般社団法人日本WEBライティング協会 (xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com)

定級は3級・2級・1級があり、3級は初歩的なレベル、2級は充分なスキルを有する証明となり、1級はトップレベルのスキルを証明できます。

合格基準は、3級が53~69点、2級が70~79点、1級が80~88点となっています。

Webライティング技能検定

受注者側(クラウドクリエイター)に対して、クラウドソーシング上で仕事を進めるために必要な基礎知識や制作に必要な専門知識の醸成により受注者の質を明確化します。

WEBライティング技能検定|一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会 (crowd-kentei.or.jp)

「基礎編」では、社会人としてのマナーやクラウドソーシングという働き方への理解が問われ、「実践編」では、クラウドソーシングを介して行うライティング全般に対して、充分な能力があるかが問われます。

最後に-学歴がなくwebライターを始めたいならブログがおすすめ

学歴がなくてもwebライターになれます。

そこまでwebライターに対しての敷居は高くないので簡単に挑戦できます。

webライターを始めたいのであれば、いきなりフリーランスになるのではなく、今の仕事をしながら自分のブログを開設して記事を書いて実績を積むのがおススメです。

〇初心者でもwebライターになった実体験はコチラ

〇ブログを始めるなら有料?無料?を知りたい方はコチラ

コメント

  1. […] 〇webライターには学歴がいらない理由はコチラ […]

  2. […] 〇webライターには学歴が一切必要ないことを知りたい方はコチラ […]

  3. […] 〇webライターに学歴が必要な理由を知りたい方はコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました